めでたい.com

マリッジブルーを乗り越える、おすすめ本。

コメント
今日は「もしかしてマリッジブルーかも?」と思う気持ちが少しでも楽になるように、オススメの本を紹介するのじゃ。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

コメント

この本は多忙な現代人のために科学的に正しい「脳の休め方」を紹介している本で「疲れているのは、体ではなく脳だった!」という驚きの内容なのじゃ。
「そうか!今までのワシは、自分の脳を無駄に疲れさせていたのか?!」と気づかせてくれたのじゃ。

この気づきは、マリッジブルーを乗り越えたいと思っているあなたにもきっと役立つはずじゃ。

不安

コメント

さて、あなたは最近ふと、漠然と将来の不安について考えている...ということはないじゃろうか?

それは「雑念」というものじゃ。
本来なら思いもしない雑念が、結婚という人生の一大イベントを迎えるという特別な状態では、心に現れやすくなるようじゃ。
例えば、マリッジブルーの雑念には次のようなものがある。

マリッジブルーの雑念





コメント

このような雑念は、他人から見ると些細なことで「心配ないよ。きっと大丈夫」と言われそうじゃ。 でも、本人にとっては苦しくて仕方がない。
不安に押しつぶされそうで「いっそ結婚をやめてしまいたい」とまで思えてしまう・・・。

この本ではこのような心の状態を「思考のループ」と呼び、脳に繰り返し現れる思考の猿が、頭の中で騒ぎまくって心を乱すようなので「モンキーマインド」と表現しているのじゃ。

猿

コメント

マリッジブルーは、まさにモンキーマインドが引き起こしているとも言えるじゃろう。
では、モンキーマインドを解消してマリッジブルーを乗り越えるには、どうしたらいいのじゃろうか?

この本の lecture6「さよならモンキーマインド」では、
「心は雑念が行き交うプラットフォーム」として、自分自身が駅のフォームに立って、そこへ猿たちを乗せた電車が次々にやってくるところを想像し、電車には乗らずにやり過ごすことをイメージすると良いいうアドバイスがあった。

猿電車

コメント
実際にそのシーンを心に描いてみると「去って行った」「静寂が訪れた」という感覚を得られたように思う。
そのほか、脳に繰り返し現れる思考の猿を追い払うために次の5つの方法を紹介しているのじゃ。
思考のループから脱したいときの
モンキーマインドの解消法
  1. 捨てる。
  2. 例外を考える。
  3. 賢者の目線で考える。
  4. 良し悪しで判断するのをやめる。
  5. 由来を探る。

コメント
猿に名前をつけて思考のラベルを貼ることで、頭の外に送り出すイメージをつくることは、わしも早速実践してみたが、確かに効果があるようじゃ。

また、マリッジブルーの花嫁には、自分の価値観や思いを肯定することが悩みの原因になっていることが多いので「ノンジャッジメンタル(良し悪しで判断しない)を意識することは大事じゃと思った。

思考のマイナスのループがつらい人は、ぜひ本書を一読してみて欲しいのじゃ。
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

マリッジブルーを乗り越える方法は?

休むこと、色んな人に相談する

結婚前は、いろんな問題が出てきます。人間関係で悩んだり、彼とケンカしたり、結婚準備にトラブルがあったりと心が落ち着かなくて「マリッジブルーかも?」と思うことも。
まずは、しっかり休み、栄養のあるものを食べて疲れをとりましょう。それから、信頼できる人や既婚者に相談してみてもいいと思います。人に話すと自分の悩みが再確認でき冷静にもなり、いろんな意見を聞く事ができ、あらためて、一から考えることもできるかもしれません。また、既婚者の方なら、良いアドバイスがもらえたり、体験談も聞けたりと話すことによって、同じような悩みを持っていたことが分かったり、気持ちも楽になると思います。
また、彼としっかり相談するのもありだと思います。これから生活の不安などは、しっかり話し合っておくべきだと思います。そして、一つ一つ不安を取り除いてマリッジブルーから抜け出し、楽しく生活できるようにしておきましょう。

家族や友人と一緒に旅行する

たぬきち
マリッジブルーな時こそ、必要なのは非日常感です。家族と一緒に、また、親しい友人を誘って旅行しましょう。できれば旅先で温泉にでも入って不安に思っていることを相談してみましょう。きっとリフレッシュしますよ。

私も旅行は賛成です。 気分がリフレッシュできて、家族との絆が深まると思いますよ。ゆっくり家族で話せる良い機会ですから、思いきって色々話してみるといいと思います。 友人と行っても、同じようにじっくり話して友情を確かめあう良い機会だと思います。

大切な人へ手紙を書く

手紙を書くことで気持ちが整理され、すっきりした気持ちになれることがあります。結婚式に招待する旧友に宛てた手紙を書いてはどうですか。招待状の他に、新婦から心のこもった手紙まで受け取ったら、きっと感激しますよ。

良いアイデアですね。新郎にも手紙を書いてみるのもいいですね。改めて、自分の気持ちを伝えるといっそう信頼感が増しそうです。また、姉妹にも手紙もだしてもいいかも。同性だけに、素直な気持ちを言えるし、結婚式を手伝ってもらえそうだから。

歩きながら考えると、前向きになれる

さんぽ
歩きながら考えると、前向きになれる。散歩をしながら、いろいろ考えてみるといい。人は歩きながら考え事をすると、前向きな気持になれる。また、太陽の光に当たる機会が少ないと、ネガティブになってしまうらしい。町中や公園を歩くものいいが、天気のいい日にちょっと遠出をして見知らぬ街をゆっくり歩くのがマリッジブルーの解消法としておすすめ。

さんぽはおすすめだと思います。自然を見ながら歩くと、気分もすっきりするし、運動するので身体にすごくいいですよ。さんぽは脳にも良いそうですよ。脳に適度の刺激をあたえるので、気分転換になるのでしょう。家族と一緒にさんぽもいいですよ。

おすすめは「片付け」

私がマリッジブルーの解消法におすすめなのは、ずばり「片付け」です。自分の部屋や実家の不要品を片付けながら、いらない物をどんどん処分しましょう。モノをたくさん手放すことで、気分スッキリ。気がつけば、あなたも悩みも捨てられるかも。

あなたが一番熱中できることは何?

あなたが一番熱中できることは何? いろいろ考えすぎるとストレスがたまります。マリッジブルーもストレスの一種ではないでしょうか?
そこで、できるだけ何も考えない状態でいることができる事をするのがいちばんのおすすめです。あなたが一番熱中できることは何ですか?スポーツ、趣味、読書、旅行など、結婚準備に関係なく個人的に楽しめることを思いっきりしてみては?

結婚準備の負担を減らす

マリッジブルーの新婦に多いのは、何でもかんでも「自分がやらなければ」という責任感の強い人が多いような気がします。その一方で、「結婚相手は協力的でない」という不満もたまっていきます。
・全てを自分でやろうとはぜずに、業者などを上手に利用する。・結婚準備に完璧を求め過ぎない。など

結婚準備に疲れたら...リフレッシュ方法

結婚準備では、新婦が大変と感じ、マリッジブルーのような状態になることも珍しくありません。 やるべきことは、山のようにあるのに、肝心の彼は仕事に忙しくて、非協力的。 そのことが「結婚式に興味がないのかな?」と不安になったり腹立たしくおもったりもします。 そんな時は、新婦自身でリフレッシュできるように工夫するといいですよ。 たとえば、

など。 そのほか、結婚準備中のリフレッシュ方法があったら教えてください。

映画を観る。(気持ちをリフレッシュを)

「結婚式は彼女のためにやるもので、自分は全く興味なし」 結婚式場で接客をしていると、そんな態度をあからさまに表情に出る新郎様がいらしゃいます。 これは、はたから見ても感じが良くありません。第一新婦様がお気の毒です。 一緒に結婚準備を楽しんでいただくのがベストですが、そうでない場合も せめて、少しでもテンションを上げて楽しいフリをして結婚式を盛り上げて!


スポンサーリンク


マリッジブルー相談のメニュー

マリッジブルーの症状
不安 イライラ・うつ 眠れない しんどい 涙が止まらない 自分が嫌になる 怖い 乗り越え方

マリッジブルーの理由
お金 引越し 喧嘩 頼りない 実家や親と離れたくない 結婚したくない 親・家族のこと 再婚・バツイチ 自信がない プロポーズなし 同棲 価値観が合わない なんで私ばかり 連絡なし 遠距離 マタニティブルー 気になるところ 急展開 結婚を延期したい 仕事 後悔 国際結婚 同居 彼でいいの? 私でいいの? 元カレのこと 彼がマリッジブルー 本当に好きか分からない

マリッジブルーの別れ
婚約解消 入籍をやめたい 結婚式をやめたい


マリッジブルーは克服できる。  ›
マリッジブルー相談。  ›


コメント欄 - どなたでも匿名・登録なしで投稿できます。(利用規約)


めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995