ロゴ

お父さんのエピソードに何を書く?

お父さん

花嫁の手紙の全体構成で「お父さんとのエピソード」は、ゲストへの挨拶、両親への感謝の言葉の後で披露されるのが一般的です。
エピソードの長さは、全体の3分の1程度と考えて約60秒〜80秒、原稿の文字数は300〜400文字を目安に準備をするといいと思います。

花嫁の手紙では父親への感謝の気持ち伝えるのはもちろん、結婚式のゲストにも紹介するつもりで手紙に書く言葉を選びましょう。

「でも、どんなふうにお父さんを紹介したらいいの?」
そう思われた方は、(1)「人柄」(2)「関係」(3)「敬意」の3つのポイントで、父親とのエピソードを探すことができます。

3つのポイント



お父さんの人柄

「人柄」のエピソードでは、性格、価値観、趣味、好きなもの、仕事などの話題を書くことが出来ます。

文例

いつも明るいお父さんは家族のムードメーカーでした。私が◯◯をした時は△△のことがあり、今思い出しても笑ってしまいます。

お父さんは毎朝、私が目覚める前に仕事に出かけて、帰宅するのは私が眠りについた後でした。平日は会えなくて寂しかったけど、休日にはよく◯◯へ連れて行ってくれたね。

あの時に、お父さんが○○してくれた(△△と言ってくれた)気持ちが、とてもうれしかったです。

◯◯さんと結婚が決まって指輪を見せた時、「△△△」と何度も言って喜んでくれ、心から嬉しかったです。ありがとう。



スポンサーリンク

お父さんとの関係

「関係」のエピソードでは、子どもの頃の思い出、遊んでもらった思い出、休日の過ごし方、自分との共通点、新郎との共通点、反抗期の様子などが紹介できます。

文例

幼い頃はお父さんと一緒に公園へ行ってブランコに乗るのが大好きで、週末が待ち遠しかったです。

思春期になると価値観の違いから意見が対立して、心配をかけてしまったこともありました。

お父さんとは子どもの頃から友達みたいに何でも話せる仲で、友人関係や進路のこと、仕事のことなど、たくさん話しを聞いてもらったね。

心配をかけたこともあったけれど、就職して働きはじめて、改めてお父さんの気持ちがよくわかりました。

私が◯◯した日には「△△△」と言ってくれましたね。あの時は無関心を装っていたけれど、心が温かくなりました。


スポンサーリンク


お父さんへの敬意

「敬意」のエピソードでは、尊敬できるところ、頼りになるところ、行動力がある、決断力がある、誠実、家族想い、理想の男性などが挙げられます。

文例

社会人になってから仕事の大変さが分かるようになり、今では私たち家族の為に夜遅くまで働いてくれたお父さんを尊敬しています。

お父さんは、私にとって理想であり尊敬する人です。これからも、ずっと元気でいてください。

就職してからは、人間関係の大切さや仕事の楽しい面や大変な面など、たくさん助言をしてくれましたね。その話を聞いて、今まで早朝から深夜まで家族のために頑張ってきてくれたことに心から感謝しました。

私にとって理想の男性は、いつも明るくて家族想いなお父さんでした。

私はお父さんから「物を大切にすること、人と誠実に向き合うことの大切さ」を学びました。



このように3つのポイントをもとにストーリーを考えて、まとめるように意識するといいですよ。
例えば「人柄」で性格や価値観を紹介し、その思い出を書きで出して自分自身や新郎との共通点を挙げることで「関係」を明らかにし、そのような父親を尊敬している「敬意」の気持ちを伝えることで、エピソードをまとめることがきます。

「それでも、何を書いていいのかアイデアが出ない!」という方は
「花嫁の手紙の構成とエピソード」の頁で、父との思い出を例にマインドマップを使った発想法を紹介しています。ぜひ、ご覧ください。


作者

めでたい.com Webマスター
小野原秀一

97年に結婚式場から独立後「めでたい.com」を企画・運営。人と環境にやさしい「ソーシャライズ結婚式」を提言。花嫁のメンタルをサポートする「マリッジブルーの書き込み寺」。両親へ感謝の気持ちが伝わる「花嫁の手紙添削」を行う。
著書「ゲストが感激するオリジナルウエディングの成功術」(小学館)



花嫁の手紙 披露宴 まとめ



めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995