めでたい.com

元カノが理由のマリッジブルー


元カノ

目次

自分は元カノの代わりなのだろうか...と思ってしまいます。

投稿者 もか(2020/02/14)
はじめまして。乱筆失礼します。
昨年末に12歳年上の彼氏からプロポーズされ、来週入籍予定の24歳女です。
彼は年齢より若く見え、とてもかっこいい人です。仕事も優秀なようです。付き合っている時から彼の元カノのことや女性関係など不安なことが多く、早く結婚して安心したいと思ってはいましたが、結婚することが決まっても不安が消えることありませんでした。

「彼に選ばれたのは私だ」と思おうとしても、彼の目は他の人を見ている気がして自信が持てません。自分は元カノの代わりなのだろうか、そんなに好きなら元カノと結婚すればよかったのに…と思ってしまいます。(元カノから逆プロポーズをされ、重いと思ってしまった彼から振ったらしいのですが…真偽不明です)

記入済で後は提出するだけの婚姻届を見ては本当に私でいいのか、幸せになれるのだろうか、浮気されるのでは、とマイナスな想像をしてしまいます。彼は私を安心させる言葉をくれるタイプではないため、何を考えているのか分からず毎日不安で泣いてしまっています。

administrato もかさん、こんにちは。
素敵な彼から選ばれたのに、不安でいっぱいなのは辛いものじゃな。
将来のことを不安に思っても、先のことは分からない。
今ここにある幸せを実感しよう。

>>「本当に私でいいのか」
もちろんいいんじゃよ。
彼はもかさんと共に幸せになることを選んだのじゃ。
今はそれを精一杯、信じてみよう。


元カノの所に行っていないか?と不安を感じてしまいます。

投稿者 めぐみ(2019/05/11)
私は結婚したばかりの広島県に住む女性で、広汎性発達障害と失声症があります。 主人とは一回り違い、主人も統合失調症があります。
昨年の4月に籍を入れたのですが、それから2ヶ月ほどして、広島の豪雨災害がありました。
幸い、私たちの家は被害はなかったのですが、雨が降っていて何があるか分からないから、主人が「外に出るなよ。」と止めてくれたにも関わらず、私は自分の目で状況を把握しないと落ち着かず、主人の声を無視して外出しました。
そうしたら主人からメールで「もう帰ってこなくていい。」と言われ、玄関の鍵を開けてもらえず、締め出されました。
しばらくしたら開けてくれて許してはくれたのですが、私は未だに、その時の事がトラウマです。
コミュニケーションで筆談をしたいのですが、私は今までずっと、親や周りの人に自分の意思を伝えても怒られたり反論される人生を送ってきたため、それが主人の前でも発揮されてしまい、締め出された時の恐怖も手伝って、主人の前で何か伝えると、怒られるんじゃないかと怖くてしかたありません。

また、主人には私と付き合う前に彼女がいて、既に別れているので気にしなくてもいいはずなのですが、主人が「気晴らしに行く」というと、本当はゲームセンターなどに行っているのはわかっているのですが、どうしても(元カノの所に行っていないか?)と不安を感じてしまいます。 そんなこと、絶対にないんですけど。

主人とは、今後もうまく仲良く付き合っていきたいのですが、私が主人に気を遣ってしまって、いろいろ我慢して、言いたいことが言えずにいます。
しんどいです。
これから、主人とどう向き合っていったらいいでしょうか?

administrato めぐみさんへ。こんにちは。せっかく好きな人と一緒になれたのに、相手への気遣いで深い悩みをお持ちのようじゃな。
豪雨の時の話じゃが、夫が外に出ないように言ったのは、あなたを想う気持ちがあったからこそじゃろう。
けれども、その後の「もう帰ってこなくていい。」という態度は、自分の思いが相手に通じないことへのいらだちという子供っぽい態度じゃな。 その後、彼は許してくれたけれど、めぐみさんは夫に対して「自分の気持を分かってもらえない」「行動を制限されている」と感じているのかな?
元カノのことは夫を信じているなら、決して表に出さないことじゃ。めぐみさんは、その存在を忘れたほうが良いじゃろう。
お互いを想う気持ちがふたりの間にあるのじゃから、遠慮せずに自分の感情を出して確かめ合っても良いのではないか?
考えの違いを知ることが、相手への理解につながることもあると思う。

administrato みや:めぐみさんへ。
「コミュニケーションで筆談をしたいのですが、私は今までずっと、親や周りの人に自分の意思を伝えても怒られたり反論される人生を送ってきたため、主人の前で何か伝えると、怒られるんじゃないかと怖くてしかたありません。」
気持ちはわかりますが、伝えなければそれだけ自分が辛くなるんじゃない?
彼もめぐみさんのことを一番に考えているはずですから、 自分の思いを勇気をだして言ってみたらいいと思いますよ。 それで、お互いのことを分かり合えれば、思いやりの心も持てるし、 これからの生活が変わってくると思います。
それにもう少し彼を信じてあげてもいいと思うのだけど。
めぐみさんが楽しくなければ、彼も楽しくないと思いますよ。 めぐみさんが、我慢せずに彼と良い仲になれることを、祈ってます。


元カノと住む予定だったマンションに越すことに抵抗があります。

su-su-
こんにちは。 マリッジブルーなのか、本当に別れた方がいいのか悩んでいます。

①お相手が10年間に破談になった彼女と住む予定だったマンションに越すことに抵抗があります。 立地・機能ともいいマンションだと思いますが、 窓のすぐ前がビルの壁であることや、 子どもが万が一できた時、私自身が40歳直前のため実家から離れた場所で大丈夫なのかといったことが心配です。 お相手は売ってもいいと言ってくれていますが、私自身が買ったものでもないのに買いなおさせることや、それに伴う出費なども気にかかります。

②服飾関係を買う際にこちらの方が似合うといっても、私が勧める形状の物と真逆の物を買い、 私が気に入らないと言ってがっかりしています。 人の言うことをあまり聞かない人なのかなと思いました。

③普段はやさしいのですが、「中年カップルに見えるんだろうな」、「友達に女の趣味が悪いと言われる」、「変わった女とばかり付き合う」といったことをさらっと言います。 悪気がないと分かっているので、その場は笑ってごまかしますが後々まで棘が刺さって残ります。 この人と結婚したら、ずーっとこんな思いを繰り返して、その度に口論するのかなと思います。

基本的にやさしくて、将来を考えて安定した職業の方だと思いますが、 さっぱり前向きになれません。。。


king

①②③を読ませてもらったが、「本当に別れた方がいいのか悩む」ほどのことなのか、悩むところじゃ。 ①彼はあなたのために「マンションを売ってもいい」と言ってくれるのだから、それに甘えてもいいのでは? いくらで売れるのか、新居にいくらかかるのか?などは、実際に試算して検討するのがよいじゃろう。

②服装の趣味、食べ物の趣味、そのほか相手の嗜好については、お互いに踏み込み過ぎないのが夫婦円満の秘訣じゃろう。
妻:「いいんじゃないの〜。それ、どこで買ったの?」
夫:「メガネのタナカ!」
みたいな関係がお互いに心地よく理想じゃ。

③「友達に女の趣味が悪いと言われる」、「変わった女とばかり付き合う」っていうのは、su-su-さんのことではないのでは? 人の彼女を「趣味が悪い」と批評する友人がいることは問題じゃが。。。 そのほかにも人が傷つくようなことを言ったりするのかな? >基本的にやさしくて、将来を考えて安定した職業の方だと思いますが、 それで、浮気と変な趣味がなければ上々じゃないか! 「別れた方がいいのか悩む」ほどなら、何か別の理由があるのではないのかな?


comment

さる
su-su-さんこんにちは。 男の人って、だいたい彼みたいな人がほとんどだと思いますよ。 違う人と結婚をしたとしても、同じようなことで悩むんじゃないかな。 マンションを売ってもいいって言ってくれる彼は、優しくて良い人だと思うけど。 別れたら、もっと良い人現れないかもよ。


comment

すみれ
マリッジブルーでしょう。
結婚となると色々考えてしまいますよね。 >お相手が10年間に破談になった彼女と住む予定だったマンションに越すことに抵抗があります。 それは気になりますね。

でも、彼と破談になった彼女が一緒に住んでいなかったのなら、そんなに気にすることはないのではないでしょうか。 また、彼は売ってもいいて言ってくれるんですね。優しい彼だと思います。 売って買い直す場合は、二人で出費など話あえば問題ないのでは? 子供を育てるには良い環境が必要だと思うので、良く考えて決めた方が良いと思います。

>服飾関係を買う際にこちらの方が似合うといっても、私が勧める形状の物と真逆の物を買い、 そういう人は多いですよ。やはり、みんな自分の好みのものを選んでいます。 人が進めた服を買っても、その服を着ない人は多いですよ。 ですから、気にしない方が良いと思います。それに、結婚したら好みも変わってくると思いますよ。 また、 彼の言葉に気になるようですが、友人が何を言おうが、彼が選んだ人なのだから、自信を持って。 人の価値観は人それぞれです。気にしないことです。

彼と友人とは価値観が違うのでしょう。 基本的に優しくて、安定した職業の方で、好きな人なら結婚しても大丈夫なのでは? なぜ、前向きになれないのかな? まわりに振り回されず、自分の気持ちを彼に話してみたらどうですか? 彼と一緒に解決できればいいですね。



めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995