ロゴ

新札と金額に合ったご祝儀袋を用意する

結婚式で受付や写真撮影、2次会の幹事をしてくれた人へのお礼や主賓や遠方から来られる人の交通費。これらは、準備に手間がかかりますので、結婚式の直前に準備するよりも、余裕をもって行うのがベターです。まず、新札と金額に合ったご祝儀袋を用意し、表書きをしなければなりません。次に、いつ、誰が渡すのかを決めて、依頼する必要があります。※新郎新婦が直接渡すのではなく、母親や兄姉、受付の人から渡してもらうことが多い。準備ができたら、席次表を見てもれがないかチェックします。渡しそびれがあると失礼になるので、お礼や交通費の準備は完璧に。

ご祝儀袋



「あの人はもらっていたけど、私はもらってない!」とか「私の時は用意したのに。。。」とか、結婚式ではよくあるトラブルなので、しっかり予防じゃ。

交通費は、受付係から渡してもらえるようにお願いしておきましょう。 受付のリストに(車)などと書き込んでおけば、渡し忘れがないでしょう。

交通費、お礼などの準備も両家で。

結婚式のゲストに受付などで、お渡しする交通費やお礼についての依頼。 これらは新郎側、新婦側でそれぞれ用意すると思います。 けれども、交通費は新郎側のみで新婦の方が用意していなかったり、受付係のお礼を新婦側は渡していたのに、新郎は渡していない。 また、お礼の金額が新郎新婦で違うこともよくあります。 交通費、お礼のことも両家で良く話し合って差が出ないように決めましょう。

交通費は新婦側のみという場合があり、受付をしたときに困ったことがありました。本当に、両家で話しあって同じようにしていただくと受付するものは、やりやすいと思います。



あなたの体験や感想を聞かせてください。

コメント欄 - どなたでも匿名・登録なしで投稿できます。(利用規約)




スポンサーリンク

お車代・交通費 マナー


おすすめ

めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995