ロゴ

花嫁の手紙を書く時の文例集。

手紙を書く花嫁



書き出しの文例

手紙 花嫁の手紙の書き出しは、まずゲストの皆様に挨拶を述べてから本文に入る方法と、両親へのメッセージから始める方法があります。
以前は両親へのメッセージから始める手紙が多かったようですが、最近ではゲストへの挨拶を入れる書き出しが主流です。
しかし、新郎新婦が揃って謝辞を述べるなら、花嫁の手紙ではゲストへの挨拶を省略してもいいと思います。きっと両親への気持ちから伝えたほうが印象的になるでしょう。

ゲストへの書き出し


両親への書き出し

お父さんへの文例

お父さん 花嫁の手紙では、オリジナルのエピソードが重要です。以下の文例では主に言い回しを参考にするにとどめて、あなたならではの物語を中心に展開してください。


お母さんへの文例

お母さん お母さんへの文例も父親の場合と同様に参考例とし、あなたの思い出や想いをエピソードにして手紙を書きましょう。定型文を使いすぎて感謝の言葉の羅列にならないよう気をつけてください。



スポンサーリンク


家族への文例

家族 ご両親と兄弟姉妹などの家族へ一言メッセージを伝える時に使える文例です。
ご両親が他界や別離されている場合は、親に変わって兄弟姉妹のエピソードを詳しく披露することがあります。


祖父母への文例

祖父母 花嫁の手紙では祖父母への言葉を入れることは滅多にありません。例外として両親の共働きや離別など何らかの事情により祖父母の手によって新婦が養育されており、本人が結婚式に出席している場合に感謝の言葉を朗読します。

片親の場合の文例

ご両親が他界・離別されている場合によく使われる表現です。「死因」「離婚している」ことなどの詳細は一切書く必要がありません。





エピソードの文例

花嫁の手紙で最も印象に残るのは、あなたならではのエピソードです。文例を参照してあなた自身の思い出のページを開かれてはいかがですか?


反抗期の文例

反抗期 反抗期や思春期で親との不仲を花嫁の手紙に書く場合は、できるだけ具体的な描写や過激な表現は避けましょう。
そして大事なことは現在では両親のことを理解し、感謝している自分の気持ちを伝えることです。


スポンサーリンク


親孝行の文例

両親へのメッセージの結びに用いるのが親孝行の文例です。あなたの素直な感謝の気持ちを花嫁の手紙に書き表しましょう。
「花嫁の手紙 添削」のお客様の中には、今までの想いが募って将来を心配するあまり、ご両親を「年寄り扱い」される方がおられます。
いくら親孝行とはいえ、ご本人の立場になれば恥ずかしい思いでしょう。ご両親のことを尊重する気持ちを忘れずに。


抱負の文例

新生活の抱負や現在の夢などを書く時の参考にしてください。花嫁の手紙の中では短い項目なので定型文のままでも違和感はありませんが、少しでもあなたらしい要素が入ると良いと思います。


子供の文例

子供 授かり婚、おめでた婚、でき婚などの場合、花嫁の手紙では多くを語る必要はありませんが、子供のことを書きたい場合は、「できてしまった」「子供が出来たので結婚した」などネガティブな言葉使いにならないように留意しましょう。
子供が新郎新婦や家族にとって「希望」であることを実感できるように心がけてください。




結びの文例

結び 花嫁の手紙の文末を締めくくる結びの言葉の例です。花嫁の両親へ感謝を伝えて結びとする場合と、結婚相手の両親(義両親)への挨拶を述べて結びとする場合があります。
本来、花嫁の手紙は両親への感謝を伝えることが主旨ですから、個人的には花嫁の両親への挨拶で終わったほうが余韻を感じられるように思います。
しかし近年は、新郎様のご両親への挨拶で花嫁の手紙を読み終える人が増えています。


両親への結び


相手の両親への結び



今回はたくさんの文例を紹介しましたが、くれぐれもこれらをフル活用して手紙を書こうと思わないでくださいね。
実際に定型文の組み合わせのような花嫁の手紙を添削することがあるんです。。。
花嫁の手紙で大切なものは、あなたとご両親の物語、あなたの言葉、そして、あなた自身の気持ちですよ。


作者

めでたい.com Webマスター
小野原秀一

97年に結婚式場から独立後「めでたい.com」を企画・運営。人と環境にやさしい「ソーシャライズ結婚式」を提言。花嫁のメンタルをサポートする「マリッジブルーの書き込み寺」。両親へ感謝の気持ちが伝わる「花嫁の手紙添削」を行う。
著書「ゲストが感激するオリジナルウエディングの成功術」(小学館)


スポンサーリンク



花嫁の手紙 披露宴 まとめ



めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995