めでたい.com

めでたい店に「プロフィールブック」が新登場!
スポンサーリンク

花嫁の手紙がない披露宴

reku
とある式場で行われた姪の結婚披露宴。全てが終わってから「何か忘れてない?」と、考えてみたら、花嫁の感謝の手紙がなかったことに気がつきました。結婚式ではジーンとくるシーンなのに、最近での披露宴では手紙を読まないのかな?

らら
花嫁の手紙がない披露宴、ありますよ。 私自身、花嫁の手紙はやりたくなかったのですが、夫が「どうしても!」と切望するので相方の気持ちを汲んでしました。
が、内容は相当気を配って当たり障りのないものにしようとしたので、正直面倒というか大変でした。 過労で入院した時に父や母が心配して毎日病院に来てくれた事など、今でも感謝でいっぱいですが、職場の人が出席する以上、手紙に盛り込むことができなかったり…。
本当に伝えたいことは家に手紙を置いて私は嫁ぎました。 私の友人はプランナーの人が手紙を書いて「これ、読んでください」と押し付けられたそうですし、お色直しの時に司会者が手紙を代読した披露宴に出席した友達は「あんなのやらないほうがマシ!電報じゃあるまいし!」とばっさりでした。 そこまでしてやらなきゃならない演出でしょうか?

私は自分の結婚式では読みませんでした。 身内ごとをつらつらと人前で読み上げるのに抵抗があったためです。披露宴自体身内ごとと言ってしまえばそれまでですが…。 親自身も私が相談する前から拒否していました。
深く書き込もうとすれば家の内情に触れることになり抵抗が生じ、かといって当たり障りのない内容の手紙なら読む必要はないと思うので。私と実家ははお互いに「やらない!」と意見が一致、あとは新郎を説得しました。 新郎は読んでほしがったみたいですが、人それぞれかなと…。

sara
私も結婚式で手紙を読むのには抵抗があります。 今まで育ててくれた親に手紙を書くということは、すごく良いことだと思いますが、あえてそれを人前で読む必要があるのか…と疑問に思います。 大勢が聞くとなると内容にも気を遣うし、本心で伝えたいことを全て書けないし…。
花嫁の手紙は、涙を誘う演出のようで、やらなきゃいけない儀式化している様な気がします。 それだったら、個人的には気を遣って書いた手紙を大勢の前で読むのではなく、本心から書いた手紙を読むのではなく渡す方が親も喜ぶんじゃないかな~と思います。 でもやっぱり結婚式に行って手紙の場面になると感動するし、花嫁の手紙に対する考え方はそれぞれ違うので、否定はしません。




梗子
私も花嫁の手紙は読みませんでしたよ。親への感謝の気持ちは普段から伝えていましたし、わざわざ披露宴で手紙にしなくても、家で伝えればよいと思ったからです。今まで出た結婚式を振り返ってみると、手紙があった披露宴、なかった披露宴はちょうど半々くらいです。確かにゲストも感動してうるうるする演出ではありますが、やらなくても十分素敵な披露宴になると思いますよ。

ゲストとして招待された場合は、花嫁の手紙を読んでほしいかな。花嫁の人柄もわかるので親しみもわいてきます。でも、最近はしない人もあるので、残念。

私は花嫁の手紙を読んで良かったです。 恥ずかしい気持ちはもちろんありましたが、親に直接「ありがとう」と言えなくて、 花嫁の手紙は、自分の気持ちを伝える絶好のチャンスだったと思います。 もし、花嫁の手紙を読んでなかったら、きっと今でも言葉で感謝は伝えられなかったと思います。 言葉なんていらないと思う人もいるでしょうけれど、実際やってみたら、満足感は大きいですよ。

私は、花嫁の手紙は披露宴の終盤に新婦自身で読みました。花嫁の手紙は、照れくさいのでやめようと思っていましたが、父も母も花嫁の手紙を楽しみにしていたようだったので、親孝行にとなると思い、することにしました。 当日は、両親が涙を流している姿を見て、深い愛情を感じました。やって良かったと思いました。

花嫁の手紙は司会者が代読するのは一般的ではないと思います。 手紙があるならば新婦本人が読んでくれたほうが嬉しいです。司会者が読むと少し興ざめ。ならば読まないほうがいい。

私も司会者の方に代読していただきました。自分が読めば必ず泣いてしまい、言葉が出ないと思い頼みました。私の場合は、司会者の方がとても上手な方で演出もとてもうまく行きました。一般的には、新婦が読む方が感動するのでしょうが、演出によっては、代読もいいと思います。

comment

Jane:
花嫁の手紙なんて読むの、日本だけ。 多数がやるから、やって当たり前はどうかと思います。 2人がこれから一緒に頑張っていくということを披露すること、ゲストをおもてなしすることが本来の目的です。
手紙がゲストをおもてなしすることに、何故なるのか理解不能です。 しかも女性だけがやるのも謎です。男女ともに親元から離れるのは変わらないし、多くは共働きで女性が家に入る時代じゃない。 今や時代遅れな風習だと思います。



スポンサーリンク


コメント欄 - どなたでも匿名・登録なしで投稿できます。(利用規約)


花嫁の手紙 披露宴 まとめ


花嫁の手紙添削




式場の決め方

花嫁の手紙の書き方 花嫁の手紙の書き方
花嫁の手紙、4つのポイント、構成とエピソード、ゲストへの断り、感謝の気持ちの伝え方、文例集など。
ソーシャライズ結婚式 Socialize Wedding
人と環境にやさしい「ソーシャライズ 結婚式」の提案。幸せのおすそ分け募金「シェアハピネス」、フェアトレードの引き出物など。
プロフィールブック プロフィールブック
オリジナルテーマから選べるA4/8P。基本料38,000円、一冊110円。
花嫁の手紙 添削 花嫁の手紙 添削
「花嫁の手紙」の内容を非公開で添削。5つの観点から客観的に評価します。
プロフィール新聞 プロフィール新聞
デザインは6種類、15のブロックから希望する内容を選んで制作できます。月10組限定。
感謝状 両親への感謝状
オリジナルの文例に対応し、表紙の文字、中面の用紙を選べます。いつまでも記念に残る「感謝状」して贈呈しませんか?
一冊1,080円
名前の詩 名前の詩
ご両親の贈呈に、当店だけの4つの特典をプレゼント!



© medetai.com, All rights reserved. since1995