ロゴ

花嫁の手紙の忌み言葉(NGワード集)

NGワード

結婚式にはおめでたい席で使うべきではないとされる「忌み言葉」(いみことば)があります。
忌み言葉の「忌み」とは、縁起が悪いこと、避けるべきこと、良くないとされていることで、「忌み言葉」は結婚式のめでたい雰囲気に水を差さないためのNGワードとされています。

花嫁の手紙の「忌み言葉」には、新婦が実家に帰ること(離婚・破談)を連想させる「別れを連想させる言葉」、おめでたい行事に水をさす「不幸を連想させる言葉」そして、2度と繰り返さないようにという意味で「繰り返し言葉」などがあります。

花嫁の手紙は開宴のスピーチや謝辞と違ってゲストに向けられたものではなく、新婦から両親へ贈られる手紙なので「忌み言葉」はそれほど気にする必要はないという考え方もあります。
けれども、忌み言葉でせっかくの花嫁手紙のイメージを壊してしまうこともありうるので、 できれば以下のような言葉は避けて別の言い回しに換えたほうがいいでしょう。



別れを連想させる忌み言葉

終わる、帰る、別れる、飽きる、切る、切れる、冷める、壊れる、流れる、破れる、失う、裂ける、返す、捨てる、割れる、戻る、去る、離れる、おしまい、冷める、欠ける、逃げる、嫌う、 やめる、割る、ちぎる、冷える

不幸を連想させる忌み言葉

死ぬ、衰える、枯れる、散る、病む、終わる、滅びる、自殺、消える、破産、殺す、絶える、苦しむ、最後


スポンサーリンク

繰り返しの忌み言葉

皆々様、再々、わざわざ、いよいよ、うちうち、返す返す、いろいろ、もともと、もう一度、重ね重ね、重々、またまた、しみじみ、どんどん、次々、ますます、たびたび、えんえん、くれぐれも、しばしば、たまたま、相次いで



花嫁の手紙でよくある例として「最後になりましたが...」という言葉は「結びに...」とし、ご両親に対して「ますます元気でいてください」は「いつまでも元気でいてください」というふうに言い換えるといいと思います。


スポンサーリンク


作者

めでたい.com Webマスター
小野原秀一

97年に結婚式場から独立後「めでたい.com」を企画・運営。人と環境にやさしい「ソーシャライズ結婚式」を提言。花嫁のメンタルをサポートする「マリッジブルーの書き込み寺」。両親へ感謝の気持ちが伝わる「花嫁の手紙添削」を行う。
著書「ゲストが感激するオリジナルウエディングの成功術」(小学館)



花嫁の手紙 披露宴 まとめ



めでたい.comSHOP

名前の詩

About us| © medetai.com, All rights reserved. since1995