めでたい.com
結婚式の演出アイデア

スポンサーリンク

引き出物のマナー

招待客によって、引き出物の内容を変えるのはマナー違反でしょうか?

男女、年代、未婚・既婚などで引き出物の内容を分けてご用意されることも最近では多くなりました。しかし、結婚式のような場では、できるだけ皆同じようにするのがおもてなしのマナーだそうです。結婚式でゲストがほかの人の引き出物の中身を気にするのは避けたいものです。 そこで、中身が違う場合も引き出物袋を同じにするなどして、配慮しましょう。

まぁぶる
ゲストのライフスタイル、好みを把握できている場合はゲストに合わせてギフトの内容を変えても良いのではないでしょうか。 それもおもてなしの心だと思いますよ。 ですが、上の投稿者様の袋に関するご意見には納得です! 自身の式では袋は会場のものに統一しようと思います。(^^)

オニオン
接待客によって違う引き出物OKだと思います。 なのでカタログギフトが人気になるのもうなずけまます。 でも、新郎新婦がそれぞれのゲストにあったものを選んでくれた引き出物はカタログギフトよりも心がこもっていてうれしいものだと思います。また、引き出物の袋を同じにするほうが私もいいと思います。

Q:ご夫婦の引き出物、他と同じにした?

ご夫婦で披露宴に出席された方の引き出物、他の人と同じにしましたか?

yes
no

ご夫婦で披露宴に出席された方の引き出物は、カタログギフトなら価格が高いものに。引き出物の内容を他のゲストと同じにするなら、何かもうひと品付けられる方もいます。

ご祝儀が連名で金額も2人で5万円など、通常の二人分(6万円)よりも低くなるため、引き出物は他のゲストと同じで良いという考え方もあるようです。

私の場合は、ご夫婦とも他のゲストと同じ引き出物一つにしました。 金額が5万円ということが一番大きいです。また、同じ引き出物2つはいらないと思たので一つにしました。

私は、別々にしました。 独身の方とご夫婦では必要なものが違うので、別々にしました。女性と男性も引き出物をわけました。 めんどうですが、喜ばれましたよ。


広告

カタログギフトは、人によって値段が違ってもいい?

カタログギフトの値段は、人によって値段が違っても構いませんか?

yes
no

もちろん構いません。いただいたご祝儀の額が違うのですから、カタログギフトの値段が違っても不思議はありません。

カタログギフトにも若い方、年配の方とセンスは違いますし、ご祝儀の値段も違うのでカタログギフトの値段は違って当たり前だと思います。

構わないと思います。 私は、友人関係、親戚関係、上司によってご祝儀も違うので、それぞれ値段も違うカタログにしました。 センスも違うので、良かったと思います。

comment

行き過ぎたことはしない:
返信欄にもありますが、引き出物を未婚・既婚・年齢・性別(または立場)などで贈り分けることはあっても良いと思います(最近は、カタログギフトの中身を「女性向け」・「男性向け」・「ファミリー向け」などに分ける+関係や立場などでカタログの金額を変えて贈り分けるパターンが多い)。
ただ、同じ立場(友人など)同士なのに、品数や金額などの内容に差を付けるのは「〇〇さんは特別なお客様で、××さんは格下のお客様です」と言っていることと同じ意味になるので避けた方が良いかと思われます。誰が見ても・聞いても納得のできる贈り分けをすることが大切です。


コメント欄


引き出物 まとめ

名前の詩
花嫁の手紙 講座 花嫁の手紙 講座
好評開催中。書き方のポイントや文例集など、ゲストが感激する「花嫁の手紙」を書くための手法を紹介します。
花嫁の手紙 添削 花嫁の手紙 添削
「花嫁の手紙」の内容を非公開で添削。「親しみやすさ」「メッセージ」「分かりやすさ」など5つの観点から客観的に評価します。
感謝状 両親への感謝状
オリジナルの文例に対応し、表紙の文字、中面の用紙を選べます。いつまでも記念に残る「感謝状」して贈呈しませんか?
一冊1,080円
名前の詩 字贈ツリー
メッセージを漢字一文字で表現する新演出。A3サイズ:9,800円
名前の詩 字贈席札
ゲストとの「ご縁」や親しい人への「想い」を漢字一字で表現するオリジナル演出。@180円
プロフィール新聞 プロフィール新聞
待ち時間にゲストを退屈させない読み物に。デザインは6種類。15のブロックからご希望の内容が選べます。
Online Shop オンラインショップ
ウエルカムボード、字贈 席札、サンクスボード、ウエディング・チャームなど結婚式の演出アイテムを販売。
フォトウエディング フォトウエディング
いちばん絵になる今だから、ありのままの二人を前撮りで残しませんか?関東と関西のフォトウエディングプランを紹介。

ハートウエルカムボード


© medetai.com, All rights reserved. since1995